「銀の断片」と円に内接する5芒星

 

■1■太陽暦の1年365日と太陰暦の1年354日の間には11日のズレがある。より正確には太陽暦の1年は地球の1公転 365.24219日であり、太陰暦は月の12朔望周期(29.530589×12=)354.367068日だから、地球の1年には10.875122日足りず、13朔望周期は 383.897657日だから、18.655467日オーバーしている。

■2■ぴったり1年は12.3682592朔望周期である。太陽暦では端数を切り捨てて1年を365日(閏年は366日)としているので日にちはうまく接続するのだが、月の朔望周期はこのズレのせいでうまくつながっていない。例えばある年の暦の初日が月齢0の新月だったとすると、1年後の年初は月齢18.7となるのだ。

■3■この月齢のズレもしくは余剰分である0.3682592朔望周期(=36.827%=18.655467日)をエノクは「月の過分」と呼ぶが、より詩的に「銀の断片」とも表現されている。12朔望周期と13朔望周期の間にあるちょうど1年(365.24219日)は、12朔望周期に「銀の断片」が加わった 12.3682592朔望周期に当たる。



■4■ところでこの1年と13朔望周期とほぼ同じ比率を、5芒星とそれを内接する円の上に見て取ることができる。上図左は直径13の円に5芒星を内接させた図だ。この図の5芒星の腕の長さと直径の比はおよそ19:20だが、より正確には13:12.364となっている。つまり13朔望周期と1年の長さにほぼ等しい。

■5■この5芒星を構成する5本の線分を全てを足すと、線長比が 61.82になる。これは5年間の満月の数だが、数としては100/φにほぼ等しい(99%)。また1食年は11.738朔望周期であるが、19食年(=1サロス周期)をこの11.738という数で割ると1.6186になる。この数は黄金比のφにほぼ等しい(99.9%)。

■6■ケルト暦は紀元前5世紀には既に存在していたが、後の紀元前1世紀頃用いられていたガリアの「コリニー暦」という太陰太陽暦は、年に30日と29日がほぼ交互に12回繰り返され、1年目の頭と3年目の6ヶ月後に閏月(30日)が入るもので、ストーンヘンジにも残る5太陽年(62朔望月)周期の暦だった。
 


■7■5太陽年の朔望数である62は、正12面体もしくは正20面体の要素の点・線・面の総和(20+12+30)でもあり、また惑星グリッドのボルテクスの数でもある。元々5芒星そのものが黄金比のかたまりでもあるが、惑星グリッドの62のグリッド分を、1つ1つ朔望周期で繋いで行くというイメージが成り立つ。

■8■なお最初の図右は青線で示した円の直径を回転移動させて、赤線で示した1年の長さ(12朔望周期に銀の断片を加えたもの)から、辺長比が5:12:13であるピュタゴラスの直角3角形を作ったものだ。次ページに改めて示すが、この直角3角形の辺長5の線分を3:2に分割する赤線は長さが12.369となる。

■9■この12と13の朔望周期の間にあってぴったり1年に相当する12.3682592朔望周期は、12朔望周期と13朔望周期の間の1朔望周期をほぼ37:63に分割している。同様に辺長比5:12:13の直角3角形の一番短い辺(5)を3:2に分割する斜線の長さ12.369もまたほぼぴったり<12+銀の断片>と重なっている。
--------------------------------------------------------------------
★惑星グリッドは120枚の直角3角形からなるけれど、その直角3角形の1辺は月の直径に等しいということを念頭に置くならば、新たにランクアップした惑星グリッドの制作をしようとする場合、「地球暦」が厳密に実寸の一兆分の1であるように、実際の月の大きさを考えて、それに見合った意識的な縮尺をする必要があるのかもしれない。

★もしそれが自らの精神のカタチを見るために制作するのであれば、もちろんその厳密さにばかり気を使い過ぎると、全体が歪んでしまいかねない。面体制作に必要なもう一つのパラメーターは、やはり制作することそのものの中に楽しさと面白さと、そして美しさの感覚があるということなのだろうなあ。知を超えゆこうとしない知は恥ずい。

地球の内部構造と月

      ()この画像は http://discovermagazine.com/ より借用しまた。

 

■1■地球の内部構造のうち、地殻はマントルの上にある表層部分で、大気や海と接している。花崗岩(酸性岩)、安山岩(中性岩)、玄武岩(塩基性岩)から成り、マントルと比べると剛性が低い。大陸地殻の厚さは30〜40kmで変化に富むが、海洋地殻はほぼ均一で約6kmだが、稀にマントルの露出する構造がある。

 

■2■地殻の下にあるマントルは地下約2900kmまでの範囲を指す。内部には幾つか不連続線があるが、地下660 kmの明瞭な不連続面を境に上部マントルと下部マントルに分けられている。マントル層はその内部にある核が金属なのに対し、地殻とは異なり不連続面ごとに鉱物相が相転移する岩石からなっている。

 

■3■マントルの下は核である。地表から核までは2891kmであり、核表面から地球の中心までは3480kmである。3480kmと言えば、月の直径3476kmにほぼ等しい(99.9%)のである。そしてさらにこの地球の核の表面は、地表と地球の中心までの距離6371kmを、5:6に分割しているということに気が付く(99.8%)。

 

 

■4■地球と月の半径は6378kmと1738kmだった。これをマイルで表すと、地球半径は3960(=1×2×3×4×5=360×11)マイルであり、月の半径は1080(=1×2×3×4×5=360×3)マイルだった。つまり5+6=11だから、月:地球の大きさの比3:11 の基本単位である360マイルにも順じるのである。

 

■5■そして地球の核球を想定すれば、その直径は6960kmだから、中に月が2つ並び入るという関係であるということも分かる。月直径2つ分は3476×2=6952kmだから 6969kmの中にきれいに収まる。つまり360マイルを基本の1とすれば、地球直径のうち核半径は3、直径は6、マントル部分は5+5で10だ。

 

■6■外核では地震のP波は伝播するが、S波では完全に減衰してしまう。外核を流れる渦電流が発生していて、これが地磁気に影響を及ぼしていると考えられている。外核における地磁気の強さは平均25ガウスであり、地表における地磁気より50倍強い。この磁場が地球の生命を今のようにした可能性がある。

 

 

■7■外核による外核の液体金属が対流することにより地球の磁場、地磁気ができている。この磁場は上空数千kmにわたって存在し、地球を守る天蓋となって太陽風を逸らしている。これがなければ、太陽風が地球の大気に直に作用して大気を剥ぎ取ってしまうので、生命体はほとんど存在不可能となるだろう。

 

■8■内核は地下約5100〜6400kmにある半径約1200kmの中心部で、鉄やニッケルなどからなる。地震波の伝播速度の研究から、不均質で球対称ではない固体であると推定されている。組成は外核の冷却によって鉄が固化して中心部に落下してできたものと推測されている。また温度は5000〜6000℃と推定される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


月と地球とフラワーオブライフ

 

■1■上図左上はドランヴァロ・メルキゼデクが紹介してくれた、フラワーオブライフのシンボルマークだ。これには1本しか外接円が書いてないけれど、本来の図にはなぜ2重の大円が描かれているのだろう。左下の図はフラワーオブライフの元図の外接円を取り、12個の円の全体を赤色で継ぎ足したものだ。

 

■2■そして右の図は僅かに回転させてあるものの、この12個の円の全体までを内接する大円を加えたものである。すると青く塗った大円と、中心にある小円と同じ大きさの黄色く塗った小円とが、地球と月の大きさの比にほぼ等しくなっていることが見て取れる。正確な比を知りたい人は計算してみてほしい。

 

■3■右図には中心にある最初の小円を内接する6芒星と、それに接続しているもう1つ外側の6芒星が見て取れるだろう。なおこの外側の6芒星は地球の表面に相当する外接球とは接していないことは見逃してはならない。この図をベクトル平衡体を中心に拡張させた、綿棒多面体で制作してみるのも面白い。

 

 

■4■上図はフラワーオブライフをアレンジした最初の図にさらに加筆してある。中心にある小円にぴったり収まる小さい6芒星を描き、その内部にある正6角形にちょうど内接する円を描いて黄色く塗りつぶしてある。最初の小円が月と対応させていたが、ここからはもう月とは関係なく地球内部の話となる。

 

■5■地球の内部構造は、先ず地表から海洋地殻は約6km、大陸地殻は地域差はあるが30〜40kmである。その下は地下約2900kmまでがマントルだ。660 kmを境に上部と下部に分けられている。そしてその下から地球中心までが。半径が3500kmの地球の核である。この地球の核は液体と固体の2層に分かれている。

 

■6■上図に描かれた左右を繋ぐ線は完全に平衡ではないが、一番外側の6芒星の中の正6角形に外接する円と地球の外核がほぼ等しいこと、また一番内側の6芒星の中の正6角形に内接する円と地球の内核がほぼ等しいことを示している。液体の外核は2900〜5100kmであり、個体の内核は5100〜6400kmである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


内と外の暦をめくるということ

 

■1■サーカディアンリズムというものがある。外界からの情報を遮断した地下壕などで生活すると、地球の1日24時間の周期ではなく、それより少しだけ長い24.8時間ほどのリズムで生きるというあのことだ。月は毎日50分ほど遅れて昇ってくる。地上で月が同じ位置にくるのは24.8時間ごとだということだ。

 

■2■この体内時計と、地球の自転と太陽との関係から生まれている1日24時間とのずれを、私たちは強い光を浴びることで日々リセットしている。月の朔望周期と、地球の1年が揃わないのにも少し似ている。どこか太陰暦と太陽暦との関係も連想させる。この内なる暦と外なるの暦を調和させて生きること。

 

■3■ところで4億年ほど前の地球は1年が400日もあった。樹木の年輪ではなくサンゴの化石の日輪からもそれは分かっている。公転軌道が大幅に異ならなければ、1日の長さがその分だけ短かったことになる。1億年前は376日、2億年前は389日、3億年前は398日、4億年前は409日、5億年前は420日…。

 

■4■別の表現をすれば、1日の長さは1億年前は23.30時間、2億年前は22.64時間、3億年前は22.01時間、4億年前は21.42時間、5億年前は20.82時間であっただろうことが分かっている。ではサーカディアンリズムはどうだったのか。地球から見て月が同じ位置に来るまでの時間も変わったのだろうか。

 

■5■下表<1>は地球から見て太陽が天中する周期、<2>は月が天中する周期、<3>は地球の1日を24時間に換算した時の<2>の数値である。これは少なくとも13億年前まで遡ってもほぼ同じ数値になることが分かっている。<4>は地球の1年の日数である。月は常に地球に同期していたのである。

 

     <1>  <2>  <3>  <4>
 現代   24.00  24.84  24.84  365日
1億年前  23.30  24.11  24.83  376日
3億年前  22.01  22.76  24.82  389日
4億年前  21.42  22.15  24.81  398日
5億年前  20.82  21.56  24.81  420日
  :    :    :    :   :
  :    :    :    :   :

 

■6■つまり遥かなる昔から、月は自転と公転を1つにして、胎児に対する胎盤のように、常に地球に同じ面を向けていたのだ。太陽系という子宮との調整をしつつ。40億年前に生物が誕生し、36.5億年前には光合成をするシアノバクテリアが登場したが、原生動物の出現は7億年前まで待たねばならなかった。

 

■7■6億年前に節足動物が出現し、4億年前に魚類が出現した。脊椎動物は海中の環境と同様に、月との周期をも生命の中に取り込んで上陸したのが、3億6500万年前だ。それまでも海中で何億年もかけて、物質としてのDNAのように、物質ではない様々な同期の要素であるリズムを生物に組み込んできた。

 

■8■グルジェフは1世紀も前にこう言った。「現代の人間は月の影響に糸を引かれる操り人形であり、人間は月へ食量を提供する家畜のままで一生を過ごす。生まれてきて作用・反作用の法則に縛られた人生を繰り返し、眠ったままただの機械のように感情の揺れるままに反応する。」もういいのではないか?

 

■9■2012−13年もとうに過ぎ、月も人間も否定することは何もない。内包した上ではみ出しで行けばよいのではないか?月は決して怪物ではなく、むしろ地上の生命に変わることなく恩恵を与え続ける大きな胎盤であり、かつ誰の生命の中でもリズムを刻み続けているという意味ではミシャグジの王でもある。

 

■10■太陽暦、太陰暦、神聖暦。世界暦、銀河暦、地球暦。優秀な暦はたくさんある。しかし決して失念してはならないのは自分暦である。個人の外に在る暦と内なる暦を調和させて生きるということ。それは神社仏閣の神仏より原初的であり、ほかならぬもう1人の自分自身でもある生命の神王ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


太陽系トポロジー2…月・地球・太陽の優美な3重奏

■5月4日に奈良は飛鳥で行われたイベント『絵画と話と多面体とin 飛鳥』のレクチャーシリーズの2日目『太陽系トポロジー2…月・地球・太陽…月・地球・太陽の優美な3重奏』の動画です。

                    録音・撮影・監修:Hirotaka Tsujino

先ずは最初の(パート1)59分



続いての(パート2)58分



最後に(パート3)32分















 

月−地球間を円周率πとネイピア数eで見る



■1■円周率πの3乗は31.00627668…でほぼ31であり、自然対数の底eの3乗は20.08553692…でほぼ20である。また月と地球の間の平均距離は384400kmである。3844は62の2乗であり、62は31の2倍である。また400は20の2乗である。これらのことから月−地球間の平均距離はほぼπ^6×e^6であると表現できる。

■2■地球の周長の40000kmは100×20^2だから、ほぼ10^2×e^6であるとも表現できる(正確には子午線全周は40007.88km、赤道全周は40075.04km)。したがって「月−地球間の平均距離」と「地球の周長」の比は(π^6×e^6):(10^2×e^6)だから、単純にπ^6:10^2(=961:100=31^2:10^2)とも表現できる。

(1)月-地球間の平近距離≒π^6Xe^6
(2)地球周長≒10^2×e^6
(3)月-地球間の平近距離:地球周長≒π^6:10^2
   (384400km)    (40000km)


■3■また地球の平均直径12735.3kmはe^6×10^2/πkmとも表現できる。また月の公転軌道直径568800kmは2・π^6・e^6km、月の公転軌道周長1788000kmは2・π^7・20^2kmと近似地で表現が可能である。これらを通分するとその比が次の通りになり、かなりシンプルに見えてくる。πとeの本質とは何だろう。

   地球の平均直径12736.3km =100/π
   地球の周長40000km =100
   月−地球間の平均距離384400km =π^6
   月の公転軌道直径568800km =2・π^6
   月の公転軌道周長1788000km =2・π^7


)月の公転軌道周長1788000kmはほぼ150,0000マイル。1マイル=1.609km
















 

新暦睦月晦日と旧暦睦月朔日と



■太陽暦(グレゴリオ暦)の元旦が新月だった今年。ちょうど1朔望周期だけ経って、太陰暦(旧暦)の元旦がやってきた。地球から月を見ているから、太陽との位置関係から月の1朔望周期は地球の29.5日となっている。逆に月面上にいると、太陽が昇って沈み、再び昇るまでの月の上の1日は29.5日となる。

■つまり月の1日は地球の29.5日で1朔望周期だということだ。自分が地球だとすると、自己他者問題的に相手の視座に立つと、第3人称に対応するもの(世界でもいいけど)との関係は異なるけれど、周期の比で位相を揃えることができるということでもある。分かりあえないと絶望する必要はまったくない。

■たとえば太陽系第1番惑星の水星の自転周期は58.5日、公転周期は88日、(地球との)会合周期は116日だけれど、月の1日で考えれば、それぞれほぼぴったり2日、3日、4日である。5日は金星と水星の会合周期14.5日に対応するし、6日は今度は水星上の1日(=地球の)176日に対応する。

■月の7日に対応する周期は見当たらない(7は名無し数だから360度を1〜10で唯一割り切れないとか、音階構造でも振動周波数の7倍の音は不協和音となるとか、色々別格)、しかし月の8日(234日)は金星の公転周期225日と自転周期243日の平均234日であり、金星上の2日(117×2日)でもある。

■月の9日(265.5日)に対応するものを捜すと、マヤの神聖暦ツォルキン260日が思い当たるが、私たち人間に落とし込めば、受胎してから出産までの周期(平均260〜280日と言われている)に対応しているとも見ることができよう。月の10日(295日)はまた金星の1/2会合周期(292日)と重なる。

■内惑星10進法と勝手に読んでいるが、その基本単位は月の朔望周期、もっと言えば月の上の1日である。言うまでもなく地球上の生物の中に刻み込まれている周期であり、月がなければ自転軸も安定せず、また潮の満ち引きがなければ、両生類にとっての波打ち際という生物上陸のステージもなかった。

■月は地球の胎盤という表現も単なるメタファーではない。人類は月の中にいるとか、月に食べられ続けているというイメージや表現があるが、私たちの意識の広がりは、いまや何千年も続いてきた土星までの限界帯域を超えて、天王星以遠に到達している。天王星の1公転は地球の84年、木星の7公転周期。

■天王星の1/4公転はほぼぴったり260×29.5日…つまり1キンを月の1日にした場合の1ツォルキンである。天王星の1公転はだから月の1日を1キンとすれば4ツォルキン(260×29.5×4=30680日)であり、月の1040日であるということだ。サターンリターンで戻ってくることなく外に飛び出している。

■地球上の人間に立ちもどれば、誰であっても地球が1公転(365日経過)すれば満の1歳年を取る。月の1自転・公転は27.32日(朔望周期29.5日と異なり、全天に対しての1自転であることに注意)だ。1年の間に地球は366回自転する。27.32×366=9999.12≒10000日となる。ほぼぴったり1万日だ。

■7年ごとに人間は成長の段階が変わるという考え方は、シュタイナーだけでなく、古代ギリシア時代の「医学の父」と呼ばれているヒポクラテスも言っている。幼児期・少年期・青年期・成熟期…などと7年ごとに分けるあれだ。28年で一巡りして、次の同じ周期に入るか1つ上の周期に出るかの端境期。

■これは誰にとってもシンプルに生後10000日と重ねられるのかもしれない。つまり月の365自転・公転周期でもある。月と地球の自己他者問題的に言っても「位置の交換的」周期だ。太陽と地球と月の大きさもまた10000:366:100である。月・地球・太陽の三つ組の位相が揃うこの年に新しい扉を開ける。

■さらに色々数的整合性や形の相似性をかなり綺麗な位置として見ることもできるこの年、この日、日・月・火・水・木・土の7曜の限界を超えて、新しい周期、より多重に世界と自己を見る視座を得られるに違いない。そんなことを考え直してみる太陽暦と太陰暦が共に新月であるこの年、この日。大切にしよう。
 













 

マイルを貯めるよりマイルを数えよう

 

■1■「マイルが貯まった」と言うときのマイルすなわちマイレージとは、顧客の囲い込みのために航空会社が実施しているポイントサービスのことだ。ただし面白いのは、無料航空券に交換できるポイントが利用した金額に対してではなく、飛行した距離数(マイル)に応じてポイントが加算されていく点だ。

■2■貯める方のマイルは海上や空中で使用されるもので、海里とも言う。地球大円上の角度1分(1度のさらに1/60⇒1/21600)に相当する孤の長さで、1マイルは1852mである。一方のヤードポンド法の長さの単位である1マイルは1609.344mである。マイル(mile)は、ラテン語の千(mille)に由来する。

■3■古代ローマには2歩分の長さに相当するパッススという単位があり、この1000倍が1マイルとされていた。1マイルは5000フィートとなる。全ての道はローマに通ず。ローマ人はローマを起点として全ての道の1マイルごとに標石を設置した。その標石がいわゆる現在言うところのマイルストーンである。



■4■さて月の半径は1738kmであり、地球の半径は6371kmである。これをマイルで表記にすると月の半径は1080マイルとなり、地球の半径は3960マイルとなる。月は地球の約1/4という表現があるが、より正確には月と地球の大きさの比は、ぴったり3:11である。月と地球は共にこの360倍となっている。

  1080マイル=(1×2×3×4×5)×9=360×3
  3960マイル=(1×2×3×4×5)×33=360×11

■5■図で示したように、月と地球の半径を合わせると5040マイルとなる。私たちが用いている10進法の7を除いた自然数で、1×2×3×4×5×6=720=8×9×10と表現でき、またこの双方に7を掛けることで共に5040と言う数になる。なお地球直径は8×9×10×11=7920マイルと表現できる。

  5040=7×6×5×4×3×2×1
  5040=7×8×9×10
  7920=8×9×10×11

■6■ところで1080マイルは3×360であり、3960マイルは11×360である。360は共通だから月と地球の半径比は3:11である。月と地球の半径の和は(360×14=)5040マイルだった。そこで月と地球を接触させたと仮定すると、そこには図のように辺長比3:4:5のピュタゴラスの直角3角形ができる。



■7■先に355/113が小数点以下6桁まで等しい円周率πの代用値として見たが、円周率πをエジプトでは22/7で代用していたという。1×2×3×4×5×6×7で8×9×10×11を割るとは、720×11を720×7で割るということだ。そしてシンプルにこの2倍が22/7で円周率πの代用値となる。

  (8×9×10×11/1×2×3×4×5×6×7)×2≒π

■8■月や地球や人間の歩幅ともぴったり整合性を持つこのマイルはどこから来たのだろう?未知の知的存在から示されたものなのだろうか、それとも古代人が月と地球の大きさとその比を知っていて単位と定めたのだろうか?いや逆に人間精神がそう定めたから、天体の大きさと比が定まったのかも知れない。

■9■いずれにしてもこのマイル(他の様々な度量衡体系も同様だが)の整合性を偶然であるとしてやり過ごすことは愚の骨頂であり、これまでいつか考えようとスルーし続けてきたとしても、その考える時がこの今なのである。ヤードポンド法を用いて来た者たちの現実的な繁栄と没落を見ているこの今なのだ。













月−地球−太陽の3つ組関係(その1)

 

■1■月と地球と太陽の3つ組関係は、単なる天体の恒星・惑星・衛星なだけでなく、私たち人間の精神構造と身体を含めた諸感覚の元となっている。いや逆に、私たちの精神と感覚の総体として現在のように存在し、運航していると表現することもできるだろう。基本単位を地球の1日で表現してみよう。

■2■月の自転と公転は共に27.32日で1:1である。また月の朔望周期は29.53日で、自転・公転周期とは2.21日の差がある。1年365.2422日の間に、月は13.369回自転・公転し、12.369回朔望する。この「月の余分」の0.369回という端数を除くと、この2つの周期はほぼぴったり13:12となっている。

■3■これは1年の間に366.2422回自転する地球が、同じ期間中に太陽を1公転するので、その分が相殺されて365.2422日になることとよく似ている。なお月の13自転・公転は27.32×13=354.36日で1年より10.8822日短く、月の12朔望周期は29.53×12=355.16日で1年より10.0822日短い。差は0.8日だ。

■4■心理学などで用いられる、1本の燭台に見えたり向かい合った2つの横顔に見えたりする図や、お婆さんに見えたり若い娘に見えたりする絵があるが、私たち人間は図と地の両方を同時に認識できないように、同じ1つの月の13自転・公転周期と12朔望周期を、同時に13であり12であると捉え難い。

■5■さて太陽の自転は赤道付近と両極付近ではその速度が異なるが、その平均周期は27.27日であるとされている。つまり太陽は地球の1年の間に365.2422÷27.27=13.394回自転する。しかし1年の間に地球は同じ方向に1公転するので、太陽の見た目の自転回数は1回分相殺して12.394回となる。

■6■つまり地球上から見る限りにおいては、地球を回る衛星である月の自転回数の13回を12回の朔望周期として見るように、地球自身が公転する太陽の自転回数の13回も12回分として観測するのである。もちろん銀河恒星面から見たら太陽も月も地球の1年間に13回自転していると見える。

 太陰の12公転回数 29.53×12=354.36(日)365.24−354.36=10.88
 太陰の13自転回数 27.32×13=355.16(日)365.24−355.16=10.08
 太陽の13自転回数 27.27×13=354.51(日)365.24−354.51=10.73

■7■ちなみに355を113で割ると3.14159292…で、円周率π3.141592654…に99.9999915%の精度(もしくは小数点以下6桁まで等しい精度)で漸近した値となる。また月の自転・公転周期27.32日と朔望周期29.53日の和である56.85日の2倍(もしくは平均値28.425日の4倍)は113.7日である。

■8■なお月の1公転周期27.32日における地球の自転回数は27.3948回であり、同様に太陽の1自転周期27.27日における地球の自転回数は27.345回である。これらの数値と地球の1公転周期365.2422日における地球の自転回数366.2422との積は、それぞれ10033.1318回と10014.893回である。

■9■天体の運行周期の律動による誤差や小数点以下の四捨五入操作などの煩雑さを考慮して、よりシンプルに表現すれば、「月の自転周期と地球の自転周期の積はほぼ10000となる」となる。つまり地球のほぼ10000日の間に月と太陽はその周期の位置の交換をする。月と太陽は地球からは双対に見える。

 366×27.32=9999.12日≒10000−1
 365×27.4 =10001.0日=10000+1

■10■私たちは普通、「月と太陽の実際の大きさの比は1:400だが、同時に月と太陽の地球からの距離の比もほぼ1:400だから、みためもほぼ同じ大きさに見える」などど表現するが、それだけでなくこの地球を間に介して地球から見ると、実際に月と太陽はほぼ陰陽の双対として捉えられるのである。














シドの16:15から月と地球とπの累乗



■12の正4面体数は364、12の正5胞体数は1365。パスカルの3角形を持ち出すまでもなく、この2数の比は4:15である。基本の1は地球の四季の1つの季節に相当する日数の91だが、この比を4オクターブ+3と重ねた「月のフレーム」で見ると、基音Cと1オクターブ上のB(14度上音)との振動数比に等しい。この「月のフレーム」を基音の弦長を円周と考え、それに対応する弦の長さを角度と置き換えてみると、360度と96度になる。

■なお基音Cに対する14度上音、すなわちオクターブ上のBとの弦長比が15:4であり、同一のオクターブにおけるB(7度上音)は15:8ということは、オクターブ下のCすなわち2度した音のBとの弦長比は15:16ということだ。これを再び360度の弦長に置き換えてみれば、1周を超えて384度ということになる。384という数は、ほぼ13朔望周期日であり、太陰暦の閏年の日数に等しい。384日は364日より1ウィナル(20日)分だけ多い。

■ところで月と地球の間の平均距離は384400kmだった。この数値384400は620の2乗であり、よりシンプルに31^2・20^2とも表現できる。また31はほぼπの3乗(31.00627668…)に等しいので、π^6・20^2とも表せるだろう。地球の周長はメートル法で40000kmと表されているが、地球の周長のπ^6/100であるとも表現できる。シンプルに384400kmを40000kmで割ると9.61だから、月と地球の間の距離は地球周長の9.61倍ということなのだけれど。



■なお地球周長を40000kmと表すならば、その直径はほぼ12732.4kmだから、この数値で地球と月の間の距離を割るとほぼ30.19になる。これは月の平均公転軌道が、この倍の60個地球が入るだけの距離であるということでもある。思わず60進法を連想させられてしまう。ちなみに平均ではなく長半径406700kmには32個、短半径354600kmには28個入る計算だ。では月はいくつ入るか?太陽直径にはこの軌道直径がいくつ入るか?それはまたの話だ。

■91は13×7、13週間。364は13×28=7×52。1365は7×195=13×105。19.5度は直角90ドに±19.5度で正4面体の中心角109.5度と2面角70.5度。195×4は780であり、780は260の3倍。196と260は3:4…。話は尽きないが時は尽きる。ほとんどの人が途中で投げ出す話の内容かもしれないけれど、私は別に悲しくもなければひとりよがりに悦に入っているつもりでもない。誰のためかは別にして遠からぬ未来のために書き記しおこう。

■(以下、独り言の中の独り言。気にしないでちょう。)そう言えば、この話の最初が基音Cとその1つ前のBとの関係、もしくは連続するシとドの関係から始まったこととは全く関係ないが、私はセックスピストルズのシド・ヴィシャスが好きだったなあ…。ジョニー・ロットン、今どうしているんだろう。…わし、やっぱセックスピストルズとThe Who 好きやなあ。あとキンクスも。

      


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM