<< 日本の言葉、日本の名前 | main | 3つで1つ、4つで1つ… >>

なでしこジャパンとステテコ大作戦

     なでしこジャパンベスト4に進出



■本日未明、なでしこジャパン、女子W杯で3連覇を狙ったドイツを延長の末1−0で下して準決勝に初進出。しかも相手は2連覇中にして開催国で完全アウェー。審判もドイツ寄り。日本は国際試合でこれまで勝ったことがなかっあらゆる点で凄い結果だ。歴史を作っている最中。心から祝福したい。

■ドイツに勝ってなでしこジャパンが女子W杯ベスト4に進出。ベスト4と言えば去年の南アW杯で岡田ジャパンが目標に掲げて果たせなかった高みだ。男子と女子の違いはあるけれど、バレーボールもテニスも男子より女子が先に頂点を極めている。ここは是非サッカーもまた女子が男子に先んじてほしい。

■男子W杯で次々と勝利国を当てていったタコの故パウル君の2代目を襲名した小パウル君も、なでしこジャパンvsドイツ戦ではなでしこの勝利を的中。当家の2匹のにゃでしこニャフンも朝から大興奮で、日曜の早朝というのに、走り回っている。しかし曇りなのに今日も朝からそこそこ蒸し暑い。

     ステテコ大作戦



■1■ステテコ大作戦。暑さに対抗すべく室内半裸族として速乾トランクスを愛用しているが、そういえば安価で心地よい日本オリジナルのリラクシング・ウェアが存在していたはず。そう、畦道のダンディとか言われるステテコだ。この作戦はステテコを導入して家で少しでも涼しく過ごそうというものである。

■2■しかし何かネットで調べたら、ステテコが今やカラフルでファッショナブルなものが出揃っちょるとよ。「ステテコと言ったら白」って、どんだけ遅れてしまっているのか、私。若い子たちのように膝下丈のパンツは履けないけれど、ワコールとかユニクロのステテコで室内だけでなく外でもノー問題。

■3■安価で省エネで心地よい。しかもベリージャパニーズ。背広の下に着用可能な下着でもある。まあTシャツも元々は下着ルーツだし。ざっくり長めのゆるやかTシャツ色目のあったステテコ。足もとはそれらしいサンダル。これなら街中でも麦わら帽子もいけるのではないか?むう、取りあえずゲットせねば。

■4■妖怪研究好きの哲学者は最近和装にシフト開始したらしいが、フンドシ装着は難儀かも知れん。暑い夏は密着する猿股でも股引でもなく、先ずは白いステテコで大和魂に猛る股間を収納するのもいいのではなかろうか。日本ステテコ愛好会を立ち上げる者として、広く薄く意味もなく同士を募る私である。



■昨日は南スーダンがアフリカで54番目の国として独立を果たした。54と言えば日本の17か所の原子力発電所にある54基の原発の数でもある。そういえば源氏物語の全巻は54巻。54は(3×3=)27の倍であり、また54の7倍の378日は土星の会合周期だ。1辺が3のルービックキューブの表面積は54。

■13と14、26と28。恒星内部での元素合成は原子番号26の鉄がデッドエンドだ。しかし14:珪素が2個核融合して28:ニッケルを生みだす。しかしここでできたニッケルは不安定なので数カ月以内に崩壊して26:鉄になる。そして間の27は2乗して1足すと730で365×2。 


スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 16:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM