<< 痛快痛風日記(2) | main | 痛快痛風日記(4) >>

痛快痛風日記(3)



■野口整体的には、「痛風」は心臓に関係する胸椎4番と腎臓に関係する胸椎10番に異常があると捉えるらしい。野口整体に通じていない者には、これだけではよく分からない。腎臓が正常に機能していれば尿酸が関節に溜まることはない。つまり老廃物をろ過する腎臓の機能低下が起こっているということだ。

■人間や霊長類において尿酸(uric acid…C5H4N4O3)はプリン代謝の酸化最終生成物である。尿酸は尿素に比べ濃縮が可能であり、水分をあまり必要とせずに体内に一時的保存が可能だ。人間の場合、腎臓の尿細管で約80%が尿中から回収される。正常な人間の血液中では尿酸濃度は3.6〜 8.3 mg/dLである。

■過剰な尿酸は血管に炎症をもたらす。血中の尿酸濃度が高くなる病気が高尿酸血症だ。非水溶性である尿酸は水に僅かしか溶けないので、低体温箇所で結晶化しやすくなる。では尿酸を血中から一掃してしまえば良いかというと、問題はそう簡単ではない。尿酸は強力な還元剤および酸化防止剤でもあるからだ。



■我々の血漿中の約半分の酸化防止剤は尿酸から来ている。尿酸はビタミンCよりもはるかに強力な抗酸化物質でもある。尿酸は人間の血中に最も高濃度で存在する抗酸化物質であり 、血清中の抗酸化物質全体の約半分を占めている。抗酸化物質として作用し、酸化傷害に対する防御機構を担うという研究もある。

■シンプルに排尿の回数や量が通常より少ないということでも、腎機能の低下は自覚できる。しかし自覚できてもその腎臓の働きをどのように正常にしたらいいのかは分からない。先の野口整体や他の自然治療法群にも腎臓を調整する操法はあるだろう。しかしそれに依存するだけでは結局他人任せに過ぎない。

■泌尿器系に分類される腎臓は血液中から不要物質を濾し出す為の臓器だ。1日に約180リットルほどの水を濾過して99%を再吸収し、残りを尿として膀胱に送る。他にも血液中の水分や塩分のバランス保持、ホルモンを分泌して赤血球を増やす、ビタミンDを活性化して骨を強化、血圧の制御などの働きをする。



■とまあ、痛風の知識にしても腎臓の働きにしても、今回のように動くと激痛金縛りで強制蟄居状態にならなければ知ろうともしなかったわけだから、それはそれで良しとしよう。本当の自由や幸福というものは、健康と同様にそれが揺らいで初めて意識できるのだろうから。問題は再度失念するということだ。

■ようやく何も考える余裕すらなかった状態を過ぎて、ちょっとだけ移動する時に足裏へ体重を乗せるコツのようなものまで掴み始めたりして、ようやく意識対象を外に向けることができる。するとこの世界の現状が予想外の痛風発作に突然襲われた直後の状態に見えてくる。内も外も自然治癒力を強化すべし。










スポンサーサイト

  • 2019.08.22 Thursday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
あけましておめでとうございます……どころではないですよね。

私も、カップラーメンは必ず汁を飲みきるし、コンビニ弁当もよく食べるので、そのためかどうか、どうも腎臓の調子がよくなくなってきたようで、トーラスさんのこの状態は人ごとではないなあと読んでいて思いました。

といいつつ、なんか松屋の豚めしが9日で販売終了になるらしく、えー、終了になる前に食べ納めをしておかねば、と思ったりしていますが。

何はともあれ、お大事になさってください。

背中の、腎臓に相当する部分(肋骨の下の、少しへこんだようになっているあたり)に両手を当てているだけでも、手当て効果というのか、私の場合は、少しだけですが腎臓が楽になるような気がします。まあ、ホットパックなどで暖めるのも効果があるかもしれません。「すべての病気は暖めるとよくなる」と主張する医者もいるくらいですし。
  • ふう
  • 2012/01/06 2:59 PM
■ふうさん。

1人時間差ですがあけおめです。状況は尋常ではないけれど、それでもまだ余裕があります。(余裕がない時は何も書かず大人しくていました…笑。)まあ体を大切にしようという気持ちが、知らぬうちにルーズになっていたことが敗因です。

読んでくれた人が心配しないよう大人しくしているつもりだったのですが、動けないので退屈で書いてしまっております。いつもは粗食なのに年末年始の飲み食い騒ぎで、元々安定していない体の中のバランスを乱したようです。当人はいたって陽気ですからどうぞご心配なく。

腎臓に関しては、確かに両手を当てるというだけでも確かに効果がありそうです。患部は炎症なので冷やし、腎臓は温める。これですね。すぐ忘れてしまう、自分の心身を大切にするということを改めてトライし直します。
  • とーらす
  • 2012/01/07 10:54 AM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM