<< サークルゲノム(3) | main | 猫まんが 「日本語と日本人と日本猫の未来」 >>

サークルゲノム(4)



■1■この直径比1/1:1/2:1/3の大円・中円・小円からなるサークルゲノムからは、図のように大円直径1/3の垂線と円周の交点と大円の中心を結ぶことで、正4面体の中心角であり、正8面体の2面角でもある109.5度(より正確には109度28分16秒)も描きだせる。

■2■方向が逆向きの2つの正4面体を相貫させることで、その重畳部分に正8面体ができ、8頂点を結ぶことで正6面体ができた。またこの正8面体と正6面体を相貫させることで、その重畳部分にベクトル平衡体が、14頂点を結ぶことで菱形12面体ができた。

■3■この関係にある小さい正8面体、正4面体、正4面体の相貫体(ケプラーの星型8面体)、ベクトル平衡体、正4面体、大きい正8面体、正8−6相貫体、菱形12面体の体積は1:2:3:5:6:8:9:12という自然数になる。サークルゲノムも1つの概念のカタチである。













 


スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 13:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM