<< ミトラについて(2) | main | イベント『すみれのお宿でメタトロン』 >>

『プロジェクトメタトロン・レクチャー in 東海』第1回

 

===========================================
2013年を超えて、世界の様々な常識や価値観がひっくり返って行く中、未来に続く新たなる「知」と{美」を共に模索すべく、『プロジェクトメタトロン・レクチャー&プレイ』の新シリーズ開催が決定しました。地元である名古屋の隣り東海市で隔月で連続レクチャーとして行われる予定です。今回はその第1回です。
 ===========================================

■日時:2014年3月16日(日)PM1:30〜5:00

■場所:愛知県東海市荒尾町西廻間2−1「しあわせ村」保健福祉センター第1会議室  ()下の地図も参照のこと。

■参加費:資料代込み ¥2000

・資料製作、教材準備、会場整備の都合がありますので、参加希望の方はできるだけ参加表明
をお願いします。もちろん当日突然の参加についてももやぶさかではありません。
・なお、お子様の参加も歓迎いたします。生徒・学生は半額にいたします。参加表明があれば資料はつきます。

■参加表明:「レクチャー&プレイ」に関するお問合せ・参加予約などはこちらまで。
   aisonomono_8888@ezweb.ne.jp  (片岡ゆかり)までメールで。

   facebookにアクセスできる人は以下のページで参加表明や質問その他をして下さい。
    『プロジェクトメタトロン・レクチャー in 東海』第1回 facebook
https://www.facebook.com/events/1449542375277480/?context=create&ref_dashboard_filter=upcoming

■話者:小野 満麿 Mitsumaro Ono (トーラス)

5月18日生まれ、牡牛座。数と形の研究家。神奈川県横須賀市出身、名古屋市在住。学生時代に漫画家としてデビュー。以降様々な雑誌に作品を発表。90年代からは「数」と「形」の研究に専心し、科学的世界観と神秘主義的世界観のどちらも否定せず、どちらにも傾かぬ物事の見方を模索している。猫とイルカとサッカーをこよなく愛する温泉平和主義者。PROJECT METATRON 主催。著書『超ねこ理論』、翻訳『エノクの鍵』など。

   HP⇒ http://homepage1.nifty.com/metatron/
   BLOG⇒ http://metalogue.jugem.jp/

■今回のテーマと内容
   2014-01 3月16日『星』…太陽系トポロジー、月・地球・太陽

月は地球の胎盤だった。その月の1日で内惑星の諸周期を数えて見る「内惑星10進法」。また外惑星は意外にもシンプルなペンターブシステムで見てとれる。また月・地球・太陽の絶妙な3体問題を生命を刻む暦として読み解いてみよう。

■今後の予定:
   2014-02 5月予定『形』…プラトン立体から惑星グリッドまで。
   2014-03 7月予定『音』…月のテンプレートとサークルゲノム。
   2014-04 9月予定『語』…日本語から立ち上がる4値論理構造。
   2014-05 11月予定『数』…10進法からの数の恍惚・数える至福。

()終了後に懇親会を兼ねて食事会もしくはお茶会をする予定もあります。希望者のみ連続してご参加して下さい。

     

      












スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM