<< 背中合わせのハグ | main | 4月26、27日の幾何学綿棒ワーク >>

惑星グリッドの25番と43番



■Tsuyoshi Okamoto 氏が「ついに43と寸分違わず、ドンピシャ重なってしまいました。」とコメントをくれた。一体何のことかと思ったら、例の南シナ海上空で消息不明になったマレーシア航空MH370便消失事件に関しでだった。

■ロストした地域が惑星グリッドのちょうど地点25でったので注目していたのだったが、ニュース追跡力のあるOkamoto 氏が、昨日のMH370便の捜索範囲を示した図がドンピシャ地点43に重なったことを発見したのだった。

■なおこの2点のラインの真北方向には、様々な文化文明の発祥地であり、また様々な民族移動の中心地のひとつでもある、世界最深のバイカル湖のそばにある地点4がある。例の奇妙な形が浮き上がった湖氷の近くである。

■ウクライナ紛争の地点2といい、なぜ今惑星グリッドの地域で次々と事件が起きているのか謎である。今しばらく目を離さないでおくことにしたい。












 

スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 23:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM