<< 24日の2つの巨大地震と惑星グリッド | main | ■昔の猫まんがのネタ元 >>

ペンターブとフィボナッチ数列と天王星



■1■ペンターブシステムとは、自然数を1,2,3,4と数え、5になったらそれを新たなる1と捉える発想で、ある種の5進法である。また5まで数えてそれが新たなる1であると分かるところまで進んだ時点で、最初の1もまた5を内包していたことが明らかになる。人体の5本の指、5体、指骨の4パーツ等。

■2■フィボナッチ数列とは初項1、第2項で、以下第3項以降は前2項の和となる数列である。1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144…と続く。この数列の各部位間の関係が、項数が増えていくに従って黄金比φ関係の比になっていくことは良く知られている。黄金比φは(1+√5)/2で表される。

■3■黄金比は5という数と関係が深い。さてではここで初項1、第2項5として、以下の項がみなフィボナッチ数列のように前2項の和となる数列を12項まで表したものが(1)でなる。(2)は(1)をシンプルに2倍にした数列である。これは初項2、第2項10の数列に等しく、フュンク・ウレハの数列という名前がある。

   (1)1,5,6,11,17,28,45,73,118,191,309,  500, 809,1309…
   (2)2,10,12,22,34,56,90,146,236,382,618,1000,1618,2618…


■4■項数は示していないが、左から数えて第12項目は(1)が500、(2)は1000
になっているのが分かるだろう。それだけではない。この(2)の数列は第12項を中心にその後ろはφ,φの2乗,φの3乗…の、またその前は1/φ,1/φの2乗,1/φの3乗…の、それぞれ1000倍に近似している。(1)は500倍である。

■5■さてここで唐突なようだが、惑星歳差運動周期と天王星の公転周期を見てみよう。地球における惑星歳差運動周期25920年は天王星の公転周期84年のほぼ500/φ倍である。(より正確に言えば25920年はほぼぴったり天王星の公転周期の499/φ倍である。)さてここからがトランスサタニアンの第1歩が始まる。

■6■数は3から始まるという表現がある。1も2も未だ数ではない。3が認識されて初めて数となる。フィボナッチ数列も初項の1と第2項の1はフィボナッチ数列展開の前提条件であり、爆発的に数が展開するのはこのアプリオリの2つの1の後の第3項から始まる。天王星は太陽系で3番目に大きい惑星である。












 

スポンサーサイト

  • 2020.08.18 Tuesday
  • -
  • 12:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ここでコメントするのも変ですが、「数の王国の観光案内」の「7」のところ、見ました。

こないだFBで教えてもらった部分以外のところも見ましたが、61番から65番までに書いてある誰でも簡単に電卓で確認できる数字の7の不可思議さには頭を真っ白くされてしまうような驚きを感じました。

素朴な疑問ですが、トーラスさんがこのような無尽とも思える数字の不可思議さの発掘作業に没頭するようになったきっかけは何だったのでしょうか?
  • かーま小林
  • 2014/06/27 12:24 PM
ずっとさほど売れない漫画描きをしていたのですが、友人のHanda Kohsen氏がチャネリング初めて、病院に入って、戻ってきて、会社経営を始めて、自分の理論を世に問うてなどしていますが、最初にイッてしまった時、ずっとそばにいた私はその妄想とは明確に区別できそうな、科学に日すれば超科学的な体系を垣間見て、そもそも人間の方向性とは、数とは形とは言葉とは思考とは何で、どこに向かっているのだろうとかんがえはじめてからですかね。

話せばベリーロングストーリーですが、そちらの方も面白いかもしれませんね。
  • とーらす
  • 2014/06/29 10:03 AM
あ、もちろん私の興味は「数」だけではないですよ〜。日常生活の些細なところから猫やサッカーやイルカや野菜作りや漫画など、本当に自分の好きなことをすると決めたので、好きなことばかりに囲まれている感じです。

二十数年前に、本当に好きなことをやって、それで野たれ死んでしまうのであれば、まあそれはそれで仕方ないだろうと明るく考えて、実行に移しました。しかしこれは周りにいてくれる人たちのおかげであることは明明白白であり、それらに対する感謝だけは忘れないようにしております。

だから数や形や生物の進化や人間の音や言葉と論理そのものは何か?(クエスチョンがぼくちとつすぎるということは分かり始めました…(^^))など、日々学ぶこと、考えることがつきません。

しかし別に学究肌でもないので、好きなところを好きなように自分のものとし、学術論文をかく必要もなく、締め切りのある商用文書に追われるでもなく、けっ子うこんなに好き勝手でいいのだろうかと、あえてふと思うほどですが、そんなことは大声でいうものでもないし、それを聞くだけで嫌な気分になる人もいるだろうから、あんまりそんなことは口にせず、好きなことをひたすらやっております。
  • とーらす
  • 2014/06/29 10:10 AM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM