<< 『れつまろin 横浜』by 阿修羅企画 20150509-10 | main | 9×9のマンダラマップ >>

両手と両の足の裏


■1■改めて両手と両足の裏のツボもしくは反射区と、その対応する体の部位をまとめてみた。思っていたより手と足の各部位との対応部位が同じなのに驚かされた。そのことが分かり易いように、左右の足裏を揃えて1つにしたような画像に合わせて、両手も親指を重ねた形を手掌側から見た図にしてみた。

■2■親指の先が頭で、その下の中央部が脊椎につながり、人差し指と中指は目に、薬指と小指が耳に対応していることは手も足も全く同じである。研究者によって若干の差異はあるだろうが、基本的に左右の肩や肺の位置や、肝臓と心臓の左右配置、小腸から上行結腸と下方結腸や生殖器の位置まで同じだ。



■3■私は専門家ではないので上手くは言えないが、手のひらと足裏の相同と相違が流派や個人的解釈で異なるのは、経絡的なツボと西洋的な反射区としての捉え方の差異もあるようだ。それにしてもそもそも動き回るための足と、物事を操作するために特化した手のこの相似形は、4つ足とは無関係なのか。

■4■発生学的に細胞の分化を逆に辿っていけば唯一の受精卵にまで行きつくが、どこかそこまでの過程でいわゆる胴体から伸びる四肢の先端部分が、胴体各部位とのトポロジカルな対応関係を生み出す時期があるのだろうか。このほかにも体の各部位との対応関係を見せる、外耳や顔面や大腸と関係はいかに。














 

スポンサーサイト

  • 2020.08.18 Tuesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM