<< 綿棒で正多面体を作る in 藤沢 | main | プロジェクトメロンパン2『メロンパン・江の島』 >>

プロジェクトメロンパン2『ドリームスペル after 2013』



■先月江の島水族館で急遽決まった、3日間連続イベント「プロジェクトメロンパン2」の初日、『ドリームスペル after 2013』がメロンセスハウスで敢行された。私は藤沢は善行から大ちゃん車でメロンセスハウスまで送ってもらう途中、大ちゃんの麻炭自然畑に立ち寄って見学させてもらった。







■「13の月の暦」のユーザーや、マヤに興味を持つ人も少なくないので、初級の初級的なところの説明は週略して、いきなりなんでもアリ野アフター2013ということで、先ず自分の名前をカタカムナ文字とホツマのヨシデ文字で書いてもらった。それから自分のもう1つの名前「銀河の署名」を中心にして、類似・神秘・反対の関係のキンを色を用いて出してみた。

       

■みんな真剣だけれど、勉強とか試験とは関係ない自ら知りたいという動機からだから明るく楽しい。参加費は自由料金で、お昼は有名な特注の「ちかべんとう」。美味しい。





■言いだしっぺの里子殿の誕生日が前日だったので、終了後は大ちゃんが藤沢で特注したドデカメロンパンをバースデーケーキに見立てての誕生祝いと相成った。それにしてもでかすぎるだろう、このメロメンパン。





■ドリームスペルもメロンパンも、そのほかさまざまな持ち寄りお菓子も満喫して、初日は華々しく終了した。
■私もマイペース解説…という所感的言明。「黄色組は良く言えば研究肌、それなりに言えば超オタク(笑)。人の助けになろうと頑張るほどにかえって二度手間とか混乱を増すこと多く、自分の本当にしたいことをきっちりやっているのが自分のためにも世のためにも一番いいことが少なくない。」

■「マイペースで生きていけるので、ウィークディでもなんでも好きなことや面白いことに参加することが出来たりもする。しかし自分だけでなく、ほかの人もいてくれるからこそ生きていけているのだと感謝と敬愛の気持ちを持っていれば、何とかうまく人生も転がっていけている。一人だけだと何もしないズボラの面もあるかも。」

■みたいなノリで語ったけれど、「でもまあ黄色組でもまた色々あるのである」みたいなフォローを入れて、結局は知識や学問ではないので、自分の感覚とセンス、そして直観を大切にしつつ、マヤンーの世界観をゆっくり見ていくのである。
















 



 

スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM