<< 猫3匹暑苦し | main | 2013年のこちら側から見るドリームスペル >>

吉野家のベジ丼



■先日、横浜レクチャーシリーズの最中に、横浜駅からTianへの道筋にある「牛丼の吉野家」で、気になったていた「ベジ丼」をついに喰った。絶対に売れないという周囲の反対を押し切って、吉野家の社長が独断で商品として売り出したら、思ったより好評だったというものだ。

■ベジタリアンにも色々あるようだが、取り敢えず味付けに動物性たんぱく質を用いていないようだ。味付けも醤油味ですらない薄い塩味+アルファで、さっぱりしている。話のネタ的には一度食してみようと思ってたもので、特に他者にお勧めするつもりはないものだ。



■一緒に食べたツッチーは「ベジカレー」だった。他にも「ベジ皿」「ベジ牛丼」というメニューがある。丼の半分が温野菜で半分が牛丼の「ベジ牛丼」という食べ物もある。烈っつぁんは「豆腐ぶっかけ飯」というものだった。新しい様々なメニューがある時代になったものだ。

■ベジ皿ってのが、まだ謎なんだよねー。ただベジがさらに乗っているだけみたいなんだけれど(^^)。暇なときに調査宜しく(^^)。まあ、あくまでも美味さではなく、話のネタとしてなんだけどね(^^)。














 

スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM