<< グレゴリオ暦の日にち尽きる時…Dreamspell after 2013(09) | main | 2016年のドリームスペル…Dreamspell after 2013 (11) >>

古代マヤと古代エジプトの暦の起算日…Dreamspell after 2013



■1■1つの有力な説によると、古代マヤの年代表が開始した年はBC49611年であり、同じく古代エジプトの年代表が開始した年はBC49214年である。この2者の差の397年は様々な惑星同士の会合周期の整数倍になっている。またこの12倍の4728年は、さらに様々な惑星同士の会合周期を内包している。

・BC49611年←マヤ人の年代表の開始年
・BC49214年←エジプト人の年代表の開始年


この間隔の379年 145001.1534日 (145000日?)
  木星と土星の20会合周期 145063.506日 誤差62.3526日
  火星と地球の18会合周期 145055.0946日 誤差53.9412日
  火星と木星の178会合周期 145327.3168日 誤差326.1634日

この12倍4728年 1740013.841日 (1740000日?)
  金星と地球の2980会合周期 1740117.092日 誤差103.2508日
  天王星と土星の105会合周期 1739643.675日 誤差370.166日
  天王星と海王星の28会合周期 1753345.048日 誤差133312.207日


 木星と土星の会合周期→ 7253.1753日
 火星と地球の会合周期→ 779.86610日
 火星と木星の会合周期→ 816.44356日
 金星と地球の会合周期→ 583.93191日
 天王星と土星の会合周期→ 16568.035日
 天王星と海王星の会合周期→62619.466日


■2■他にもエジプトの年代表の起算日についての解釈は数多くあるが、そのうちのいくつかを見てみよう。−72860年オシリス神が地上に降り立った時に始まり、ローマ皇帝アントニヌス・ピウス統治下の西暦140年に終わったとする説。これは360日の1年で73000年、かつ365日の1年で72000年に相当する。

■3■また−63000年に始まり、西暦の元年に終わったとする説もある。これはニネヴェ定数22億6800万日もしくは360日の1年で630万年の1/100である。エジプトでは様々な周期や惑星の会合周期の節目に、王が多数戴冠している。1年365日の509年と、6800恒星月とが一致するフェニックス周期もあった。

27.321662日×6800 =185787.3016×365.0045218年
365.24日の1507年 =18639朔望周期の太陽回帰周期。
360日で1年の1508年 =699火星会合周期
365.24日の4996年 =3125金星会周期
2383恒星年 =120木星・土星会合周期
9314回帰年 =469木星・土星会合周期


■4■テンデラにあるイシス神殿跡の碑文に、365.25日で361億5917万7600年=13兆2071億3961万8400日という周期が記されていた。これは360日と365日、土星会合周期378日、金星会合周期584日、火星と海王星の会合周期702日、火星会合周期780日、火星と木星の会合周期816日の正確な倍数になっている。

■5■なおこれはまた金星の太陽面通過周期243年、シリウスのヘリオリカル・ライジング周期1460年、惑星歳差運動周期の25920年の倍数でもある。この数値はさらに1日の秒数86400秒の倍数であり、1000立方メートル単位でケオプス王とケフレン王のピラミッドの容積比2592と2268の倍数でもある。

■6■エジプトの年代表の起算は−49500年に始まったという説もある。南北エジプトを統一したメネス王の父親かも知れない伝説のナルメル王が出現した−5700年までの間が、1460年のシリウス周期(別名はソテス周期)のちょうど30周期分の43800年である。

■7■紀元前250年頃のヘリオポリスの神官マネトーによれば、−5700年にナルメル王が出現するまでのエジプトは、最初の13870年間は神に支配され、続く1095年間は半神に支配され、後の9855年は人間に支配されていたという。

■8■2000年5月10日(※)に火星・木星・土星の合が太陽の向こう側で起きたのは、マヤの年代表の開始年から上述の397年周期がちょうど130回過ぎた時点でのことだ。つまりBC49611年から51610年が経過したということだ。(BC49611年は−49610年だから、51610年からこれを引けば2000年となる⇒51610−49610=2000)

■9■現在より金星と火星の軌道がもっと楕円だった頃、地球により接近したため、8年(金星)もしくは15年(火星大接近…火星の7会合周期)ごとに地球表面に大災害が発生した。マヤ人とエジプト人が地球・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星の天文学的会合周期を元にした天文暦を使っていたことは間違いない。













 

スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM