<< 日本人・日本語・日本国2…日本語を正しく用いる者が日本人 | main | イモたちの芽吹きとツォルキンと >>

多面体について(自分自身への前座として)



■5月4日、飛鳥イベント2日目の動画なんだけれど、午後1時から夕刻までのレギュラーな話『太陽系トポロジー2…月・地球・太陽』の前に、自分の話の前座として、自分自身で「多面体についての話」をしてみました。このツボは自分で自分の前座をするということです(^^)。

■話の内容は、多面体コーナーで綿棒多面体を作っている、チームASUKAのためのものして、プラトン立体などの最初の最初の話なんだけれど、忙しかったり、綿棒多面体制作に集中しているために画面を見る暇がなかったりだったみたい。ちょっと悲しい(笑)。

■隣りの絵画展示の部屋ではクリスタルボールの演奏があって、音として流れ込んで来ていますね。でもまあ逆にあちら側にしてみれば、演奏中に話が聞こえてきちゃったりして困ったかもですね。双方とも互いに忌み嫌うわけでなく、BGMとしてウェルカムであったと捉えております。












 

スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM