<< 暦の上に数を考える | main | 人間としておのれの半神と重なる >>

イレギュラーな雑感たち

 

■もうすぐIS創始者のヒラリー・クリントンは逮捕されるか、それ以前に永き脳の持病の果てに倒れて入院するのだろう。トランプは日米のマスコミがこぞって必死にネガティブに表現しているけれど、現今まで世界を好きなように操作・搾取している者たちが驚愕するほど頭が良いし実力もあるのだろうな。

 

■11/8の米国大統領選までに、米国が大きく変わる可能性が大きいけれど、沖縄や各地で悪逆の限りを尽くしつつ安穏としている現今の日本の政治経済の老害軍団は揃って討ち死にする日が来るに違いない。各自その時とその後のため、同じ老害枕に頭を並べぬよう今から自分の智慧と健康を磨き上げたい。

 

■グルジェフの『ベルゼバブの孫への話』を読んでいて湧いて来るのは、内容は結構どうでもよくて、本当にベルゼバブの孫は地球と人間がすきなんだなあという感慨だ。人間に関する説明や有象無象の知識なぞはどうでもいいから、この孫のように、人間の外から人間をお気に入りとして眺める視座があれば。

 

■グルジェフが「月は人間のネガティブな感情を食べる」とか「眠りこけている」という類の表現をしたのは既に1世紀も前の話。今では月は地球の胎盤であり、見えない臍の緒を介して人間たちのネガティブな感情を静脈血のように吸い上げ、新たなる生命の息吹を動脈血のようにもたらしているともいえる。

 

■ベルゼバブの孫とは解釈万華鏡の中の1つとしては、各自の「もう1人の自分」とも表現できる。もう1人の未だ未自分のままのそれ。何事ももう1人の自分のために、もう1人の自分と共に。究極の自己他者問題は世界の果てではなく自らの中心のその奥との繋がりでもある。「神を求めよ、神を生きよ。」

 

■「もう1人の自分」と、もう1人の自分から見たもう1人の自分であるところの、自覚意識のある「私」とが、いかに重なりかみあって生きることができるかが、現今の世界の中の新しい(そしてとてもとても古い)課題として浮上してきている。その中に自分にとっての全ての他者や世界がみな入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.08.18 Tuesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM