<< ツォルキンの初日に地球暦を直交させてみる | main | 空猫クウ、ゲージの外にデビュー >>

またもや当家の猫事情に地殻変動がっ!

       

 

■それは昨日のこと。愚妻が知人宅から白い仔猫を連れてきた。以前からもらってくださいと言われていた、外飼い的な野良の子だ。家の室外機の辺りに住み着いた雌猫の子供で、他の子たちはみな貰い手がついたそうだ。生後2か月以上は経っていそうなんだけれど、久しぶりに見る子猫はやっぱちっさい。

 

       

 

■問題はその白い仔猫なんだけれど、これが去年に貰ってきて今年の初めに病気で死んでしまったウリことウリエル君にそっくりだから、心ざわめかされるじゃありませんか。一応メスなんだけどね。というか、母親がウリと同じ雌猫らしい。今年はその知人さんがその母猫を捕まえて避妊手術をしたとのこと。

 

       

 

■愚妻は最初に病院に連れて行って、病気の有無、エイズウィルスその他の検査などをしてもらったそうだ。結果は健常で、ただ蚤と寄生虫の処理をしてもらったので2〜3日は当家先住のミカンと黒猫カイとは、しばらく直接の接触はお預けとなった。母親と一緒で野良だったからか、慣れなくて心許ない。

 

■病院に連れて行く時必要だからと愚妻が言ったので、名前は取り敢えず仮名で「クウ」にした。字は「空」ね。そもそも去年、前後して当家に来た白猫ウリ(ウリエル)と黒猫カイ(Xと書く)を合わせて、「媚びを売って顰蹙を買う。くーっ、私ってなんて商売上手」というネタでウリカイと名付けたのだ。

 

 

■しかしウリが死んでしまって、以降黒猫のカイは「売り買い」とダジャレのネタにもならないので、やがて「海」という字を当てて「カイ」と呼び、たまには和語で「うみ」ちゃんとも呼んでいた。そこで新人…じゃなくって新猫もコンビを組むように「空」と書いて「クウ」、そして「そら」とも読ませる。

 

■これはましましさんが面白いと言っていたので、私も買って読んだ『海獣の子供』(五十嵐大介)というマンガの登場人物の「海」と「空」を意識してということもある。マンガの中では「うみ」と「そら」だったけれど、こちらはカイとクウ。ちなみに「陸」も導入して三軍総進撃なんてつもりは毛頭ないよ。

 

 

■いや、それにしても最初のコンタクトが大事で、いずれ仔猫も子供もすぐに環境になれるとは言うものの、昨夜は心配でよく寝れなかった。大き目のソフトケージに入れて、水と餌とトイレとプチダンボールに丸穴開けて、ちょい暗くして、それでも時々覗きに行く。地殻変動は私の意識の中での大事件だ。

 

)後日譚…というよりリアルタイム譚がこれからちょいちょい入るかもしんないけど、辟易しないでお付き合いして下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM