<< 満月が好きと口にしてみる | main | 顔・腸・心 >>

7芒星と脳みそタリズマン

 

■オセアニア地区代表のオークランドシティはニュージーランドのチームだ。オールブラックスはこの国のラグビー代表の愛称だが、サッカーの代表チームはオールホライツと呼ばれている。

 

■地理的な意味でのオセアニアにはオーストラリアが含まれるが、オーストラリアはサッカーで切磋琢磨するために、敢えてアジアサッカー連盟に所属してW杯の出場権などを戦っている。

 

■ところでオーストラリアとオーストラリアの国旗は似ている。共に縦横1:2の1/4を大英帝国のユニオンジャックが占め、オーストラリアは青地に赤い5芒星4つの7芒星ている。

 

■オーストラリアは同じ位置に白い星を4つ配して南十字を表しており、さらに大きな星と小さな星が1つずつ加わっている。中々気付かないのは5つの星が7芒星であるということだ。

 

 

■小さな5芒星も混みで南十字星を表わしており、7芒星は現在の6州1準州を表すという。なるほどと思ってもう検索をやめようとしたその時、目の端に北海道の旗というものが映った。

 

■普通の7芒星よりさらにスリムな形をしている。この7芒星は蝦夷共和国の国旗の7芒星から来ているのだろうか。また札幌の旗は6芒星の中に5芒星が入っている。怪しい裏事情ありかも。

 

■消防のマークが6芒星で警察のマークは5芒星だから、そう驚くことではないかもしれないけれど、青森市の旗まで7芒星をしているではないか。歴史的にも蝦夷共和国とも関係ありなのかな。

 

■ところで360度を7で割ると割り切れず51度26分弱になるが、この角度はギザのピラミッドの傾斜角51度52分や、α水晶先端の傾斜角51度51分を連想させられる。7は名無し数でもある。

 

■7芒星の銀のペンダントはタリズマン(護符・お守り)としてよく効くらしい。今日の私はいつにも増して脳みそ足リズマンだから、7芒星について語らず、北方の温泉に浸かる夢をみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 12:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM