<< 『GHOST IN THE SHELL』を観た | main | 熱海温泉「旅館静香」 >>

富士の裾野の富士霊園

       

 

■1■愚妻と朝名古屋駅から新幹線に乗った。実に久しぶりな各駅停車の「こだま」で、新富士まで。そこで神奈川藤沢から車を転がしてきた弟、妹、甥っ子の3人と合流して、富士宮の富士山麓にある墓地に向かう。母の7回忌というやつのイベントとして、墓参りしてから温泉でゆっくりというパターンだ。

 

■2■行きの車内も帰りの道すがらも、ひたすら濃霧か雨だったのに、富士山が間近かに迫る墓地に着いて、墓参りをする僅かの間だけ、濃い雲が切れて富士山がはっきり見えた。御参りが終わって、墓石のミズゴケが気になったので、それをこすり落としているうちにまた富士山は雲に埋もれてしまった。

 

 

■3■富士の山頂は傘のように雲が被って見えないままだっが、これも自分がいわゆる晴れ男だからなんだろうなあと漠然と思っていたら、妹弟が久女(くめ)さんも晴れ女だったからなーと言う。親子で晴れ系キャラならばそんなこともあろうかと思いつつ、確かに天気は物理的気象以外のものがあると思った。

 

■4■それにしても例年なら周囲ぐるりと植わっている桜の木が満開なんだけれど、今年は全く咲いて折らず、冬山の木々のような要望のままだった。まあ確かにここは海抜がある地なんだけれど、それにしても芝生も青々としていない。今年は室内が多く久しぶりの外出なんだけれど、寒い春なのだと知った。

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.08.12 Saturday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM