<< 山崎川で花見…PART1 | main | 山崎川で花見…PART2 >>

スポンサーサイト

  • 2019.08.22 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


フラワーオブライフと6角魔方陣

 

★普通の縦横の魔方陣に対してい、6角魔方陣というものがある。数を円で配置すると図のようにフラワーオブライフの19の円の中心と同じ形になる。
-
★細かいことは語らず、図を見て日の2者を同型対応視できればよいと思う。数は5が中心、ひとけたの数では3のみが最外層にでる。矢印は数を順に繋いだものだ。
-
★フラワーオブライフについて興味がある人や色々語る人は、ドランヴァロ・メルキゼデクも語っていないことだから、こんなことも知っておいて損はないだろう。

 

なお6角魔方陣については以下の通り(自分のHPより)

 

■1辺3点の6角格子の19個の交点の上に1〜19の数を乗せて、この直線上の数の和も同じ数(定和)になるようにしたものを6角魔方陣という。クリフォード・W.アダムスは47年かけて1957年に解を見つけたが、解を書いた紙を紛失してしまったために、再発見するのにさらに5年かかってしまった。

 

 ■この解は本質的に一通りであり、ユニットが1つだけの自明な場合を除いて6角魔方陣は他には存在しないことを、1964年にトリグスが証明した。この魔方陣の中心数は5で確定している。したがって他のユニットのどこか1つの数字が決定すれば、この6角魔方陣の1〜19までの数字の位置もまた確定する。

 

■6角魔方陣の定和は38である。38はもちろん19の2倍だ。定和の本数は全部で15本。この魔方陣を上下左右にしようが逆さまにしようが、解は本質的に一通りしかないので変化はない。この横の3連数、4連数、5連数の定和はみな38だ。これを60度右左に回転させると、全部で15本の定和があること分かる。

 

9+14+15=38    18+11+9=38    15+13+10=38
11+6+8+13=38  17+1+6+14=38  14+8+4+12=38
18+1+5+4+10=38 3+7+5+8+15=38 9+6+5+2+16=38
17+7+2+12=38  19+2+4+13=38  11+1+7+19=38
3+19+16=38    16+12+10=38    18+17+3=38

 

実はこの最初の手書き画像は2002年のノートの見開き。手書きでちょこちょこ書いてあることは、興味のある方だけご覧ください(^^)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.08.22 Thursday
  • -
  • 22:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
6角魔方陣と「いのちのはな」について、詳しく知りたく存じます。手書きの部分を拡大できないパソコンを使っておりますので、詳細の情報を、どこか他所で掲げて居られましたら、御教え下さい。取り急ぎお尋ねまで。(メルキゼデクやトッチの本は見ましたが、分からない代物でした。)
  • 木村 弘一(こういち)
  • 2018/08/30 3:41 PM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM