<< ■50音について聞いてみた | main | ■角度についてまとめてみた >>

■数について少しだけ話してみた



■現在、前世紀の日記の整理を遂行中。過去の遺物(異物?)も整理整頓し直しているのだが、「前世紀はすでに前世」というスタンスで、莫大な量の中から、ちょっとだけ面白そうなものをすこしだけリークしてみている。では今回は19950114の日付のあるものより。なお手書きの挿入図はここではアップする余裕がない。あしからず。

-----------------------------------------

19950114sat

137は<た>。光の道筋である。   
274は<か>。光る形である。   

137×2=274, 137÷5=27.4       <た>      <か>      <み>
365×2=730, 365÷5=73      (図欠落)

2倍するとはφ(〇〇→〇〇→φ)
2で割る事と表と裏なので、光る<み>である。
5倍するとは  。近道から長い道へ。<ち>から<な>へ。
5で割るとは ☆。<ひ>から<ち>へ。

365と137の関係は光のみ ちすじのみみと、ちか の である。
730と274の関係は光の力と形のみちすじである。

√137=11.70469991…≒117×10-^1 1082=11664=117×10^2
3√φ=1.173976776…≒117×10^-2 493=117649=117×10^3

平方根を取る事は<みち>から<ちみ>へである。
立方根を取る事は<ちみ>を<かみ>にする。
2乗するとは秘密の道筋を見つけているが、難点は完全でない事。
3乗するとは秘密から地球に抜ける道筋。完成である。

<−1>には小数点をひとつずらす(×10^-1)という意味がある。
同様に−2は(×10^-2)、−3は(×10^-3)、+1は(×10^1)…である。
274−1=273で、27.3。
58.6+1=686で、687。
ただし58.6≒(π+e)×10^1 (π+e=5.8598726…)

91:182:273:364:455:546:637:728:819:910:1001…
1: 2 : 3 : 4 : 5 : 6 : 7 : 8 : 9 :10 : 11 …

※ この数列は100と10の位を一つのブロック、1の位を一つのブロックと考えると9n×10+nと表現できる。各々の位は0→10,9→0,1→01と連続 的に変化する。1〜9までの、前の2桁のブロックの2数の和は常に9だから、3桁の数の和を一桁に落とし込むと、数列の下の整数列に等しくなる。

137:274:411:548:685:822:959:1096:1233:1370…
1: 2 : 3 : 4 : 5 : 6 : 7 : 8 : 9 : 10 …


-----------------------------------------

M ×(掛ける)とは?

☆ 力を力として見る。光を<み>から引き離す。力の道筋を見ている。
  地球ですみのおとしてぬーすのかたを作る事である。

M ÷(割る)とは?

☆ 光を光として見る。力を<な>から引き離す。光の道筋を見ている。すみのおとして地
  球の未来を見ている。天体の運行では137は火星の衛星に対応する。月はその2つの
  機能を1つにして現れている。137が<田>であるならば、137/2(and/or137×5)すな
  わち68.5(685)は<日>である。火星と火<ひ>との力の関係である。
  137×5=685で、火星の会合周期687に近似する。

   137:274:685=1:2 :5
      365:685= 73:137
   274:365:685= 54.8:73:137
   275:365:685= 55:73:137
      366:686.87671= 73:137
   273:364:682.5= 6:8:15


M +(足す)とは?

☆ 地球に×をもたらす。ひからびていない道筋である。ひからびているとはからからで
   あるという事である。ひからびていなければ道は開ける。ひからかみを見つけ出せ
   なければひからびてしまう。意味を見つける事により、力を鏡に映す事ができる。
   力は光の反対側にあり、鏡を見る事でそれが分かる。秘密を見つける事は道を作り
   行く事により成される。秘密を解く事はあなたをかんながらにして光り輝く事によ
   り可能。

M −(引く)とは?

☆ 地球に÷をもたらす。みずからひを発生させる事である。近道とは地球のかみの道で
  ある。地球のかみとは力水を発生させるあとむである。秘密を見つけなければひから
  びてしまう。ひからびないものからひからびないように引くべきである。

M 扱う数とは水?

☆ そうでなく光です。

M 数の本質は神、扱われる数は飛び交う天使、光子は天使。

☆ 地球における間違った科学の世界観を変えるためにはそう言ってもいいでしょう。

M 科学には世界観と共に、神、天使という概念も変えていますね。

☆ そうでなくヒトにおける一つのものを異なるものとして、見ているものを一つとして
  みる見方になるという事です。

M H2O、水とは?

☆ 地球においては光を神としていないあなです。生命の水とはひからびていない光です。

スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 15:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM