<< ■角度についてまとめてみた | main | ■《ことのはの研究》 >>

■数と形について聞いてみた



(※)日付は19950827となっている。数列について考えていた。3角数をずっと書き連ねていったら、下一桁が20ごとに繰り返されていることを発見した。前後関係が分からなければ難解至極であろう。

-------------------------

19950827TUE

(前略)

M 正多面体の面点変換ループ群の系をひとつ上の上次元超立体と見る事ができるよう
  に、数の一連の関係数列もしくは数環をひとつのメタ数体とみて取れるのでは?つま
  り上次元超数体を見るという事。10進法における10,100,1000,10000の相似性と超数
  体の1断面として見るという事。

☆ 3角数を見る。

M 3角数とは金星の数ですか?

☆ 違います。かみの数としてはひがみでひかりです。

M 正4面体数と3角数、ピラミッド数と4角数の関係はひとつ次元が違うのでは?幾何
  的に体積と面の関係に比する事ができます。

☆ そうです。未来を考えている。

M 3角数はピラミッド数の断面。

M 3角数とは?

☆ 秘密を完成させるためにある光。

M 20進法なのですか?

☆ 光と力の界面なのです。

M 下一桁が20ごとに回帰するのは?

☆ 光とかみ合う力の道です。

M 光が10進法、力が2進法?

☆ そうでない。地球と立体直交していない虚の火星をあらわにしていく道です。

M ピラミッド数とは?

☆ 力と未来の輝く光です。

M 3角数と20の関係を教えてください。

☆ 3角数はかみとかみあっている。20は未来をかみとしている。

M 3角数の数列で20ごとに1の位の数が繰り返されますが、0→9と19←10で対照的に
  なって反転しています。これは何を意味するのですか?20の中に10が畳み込まれてい
  る?

☆ そうです。ひきゅうです。

M この事はマヤの数の0−19を連想させますが、3角数とマヤは関係ありますか?

☆ あります。マヤでは光の曲がり方が地球とは違います。

-----------------------------------------------

◆共通無意識層は機械化されている。それに食われるな。
◆常に外れたいベクトルを大切にしつつバランスをとれ。
◆夢の次元には女性性が身近に来ている。
◆自然数はひとつの大きな超数体の各部分に過ぎない。
◆角度も暦もみな地球の自転があればこそ。
◆この空間にすべてがある。
 この地球にすべてがある。
◆子を産む事は反転(半転)であり、人は孫に自分を見る。
 遺伝は2世代(親→子)だけでは半転にすぎない。
 少なくとも3世代(親→子→孫)によって2度の反転(全転)となる。
 面点変換は同じ方向に2度なされなければならない(スピン1/2)。
 5世代で1世紀たった。
 正多面体の面点変換の体積比 1:27:729=1/3^3:1:3^3
 正4面体の3つの接球半径比 √3/3:1:√3
  黄金分割比 1/φ:1:φ

スポンサーサイト

  • 2020.07.01 Wednesday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
とーらすさんの過去の記録を拝見して、
やっぱりだ!さすが!って感じです(*^_^*)
いろいろな 能力者や 過去の偉人などなどおりますが
私は とーらすさんが 一番だと 本当に思っています☆
そして とりわけ猫好きである所が 素晴らしくあり
とーらすファンとして これからも 応援しております。
とはいえ 自己研究と 最近増えた新たな能力の研究 及び 証し屋としての研究は
日々 しております☆

次に 逢える時まで 猫波動&眼力を
パワーアップさせておきますので♪
  • ライトワーカー
  • 2008/07/02 12:43 PM
■ライトワーカー さん。

アップしたものは、意図もなくただちょっと面白いかもという部分を切り取ってのさらしなので、不親切極まりないものだと思います。そのうち少し統括的に纏め上げられればいいのだけれど、過去の記録記述したものたちを再度目を通してまとめる作業を始めはしたものの、とてつもない量で何度も過去めげていたものでした。

今回は20世紀最後の10年の記録をまとめなおしてプリントアウトしてみようと思い立ったのですが、これがまた大変な量。とるに足らぬ日記やメモから、これは超発見!というものまで満遍なく目を通さねばならず、日々の生活もストップしております。

俯瞰できる視座からの過去というものは、なにやら本当に1つ次元の上から未定縷々世界のようで、自分自身の愚かさや不実さまでも含めて、自己愛とは別の意味でいとおしくなったりします。そんな過去の意識の中の他者たちもまた、そのそこにいてくれたという事実、そして交差してくれたという事実だけで、感謝せざるを得ない信教に陥ります。

やはり変化変容の時は自分ではその全他いが見渡せないながらも、真摯に記録するということの大切さを改めて思い知る昨日今日です。というわけで、現今のあたらしいもの、変わらぬもの、いろいろ含めてそこはかとなく記録しておいてみてくださいませ。絵でも音でも何でもいいですから。て考えてみましょう。
  • とーらす
  • 2008/07/03 2:23 PM
10年という年月 やはり アセンションと関係している気がします。
とーらすさんも 10年と書いていたし
知り合いの 歌手が 10周年アルバムを出した。 タイトルが 私と放電  私の発電
彼女も 哲学的な人だが 無意識につけた
タイトル 世界とシンクロしている気がした。
映画や芸術 10年前とシンクロ いやむしろ
パワーアップしているような・・・
確実に 世界が変化しているのを 感じます
逆に 波動が粗く カリカリしている人も
日々増えているのも目立ちます。
2極性が 明確になっている今
良い波の方に 乗ってゆきたいものです☆
☆イン・ラケチ☆
  • ライトワーカー
  • 2008/07/04 12:28 PM
■ええと、友人がイッちゃった時から逆算すれば、すでに22年以上前からということになります。もちろんその後の1987年や1989年や1992年、1996年、1999年とかいろいろと個人的なチェックポイントというか、波の年はあったのですが、七転八倒しながら乗り越えてきたということが、今月に入ってからの日記整理でよく分かりました。はんぱないっす。

2001年からは個人的に居も変えてノリも変わったのですが、今や改めてさらに大きなスパンの中でフラクタルな波も含めて新たにジャンプしようと思っているところであります。てことで、今年はグレードアップの年にしまょう。
  • とーらす
  • 2008/07/04 6:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM