大滝温泉「AMAGISO-天城荘-[LIBERTY RESORT]」

(1)この浴槽が一番のビューポイント。少しぬるめの湯で、いくらでも長湯できる。滝の音、意外と大きい。

       

(2)小屋掛けされた、少し小さめの露天浴槽。ここからもしっかり大滝が見える。レンタル海パンの色が紫(笑)。

       

(3)この浴槽も大滝前の絶景露天。大雨で川があふれるたびに、露天は土砂に埋もれてしまい、そのあとか大変らしい。

       

(4)屋根のある囲いの風呂のすぐ隣にある露天。看板と滝がちゃんと収まる、少しだけ頼り厚めの露天浴槽。

 

■伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘に来ている。ここは落差30メートルのきれいな滝のそばに露天など7つの浴槽があり、湯につかりながら滝を眺めることができるので有名だ。しかし大雨が降ったりすると、それはもう滝壺のそばなので、繰り返し露天群が破壊されては直すを繰り返してきたという。

 

(5)ベストな瀧見露天風呂のすぐ後ろにある露天。すぐ横を滝つぼからの渓流が流れていく。言うことなし。

(6)滝に向かって右横から奥につ継ぐ洞窟風呂。すごい秘湯気分。奥行きも30メートルある。最後の奥まで行くのが、一人ではちょっと怖い(笑)。でも行ってみたら途中で男女が繋がっていそうな気がする。

       

(7)滝のすぐ右横にある露天風呂。滝のしぶきが直接かかるほど近い。じっくりしていたかったけれど、湯音がほかより明らかに低い。滝つぼからの水の混入のせい?滝の音、凄し。

 

■宿から滝つぼそばの露天風呂群までかなりの階段と坂道を降りねばならないのと、乱れ気味の今日びの風潮も背景に、水着必着になってしまっているところが残念だけれど、それでもこれらを独占できる自分の湯運(?)をかみしめつつ長湯している。個人的にはこれこそ最高部類の贅沢だ。

 

(8)滝つぼ側から下流を見るアングル。心地よさと清々しさが少しでも共有してもらえたらいいんだけれど。

 

■みんな自分が画像に収まっているのはくどいと思うけれど、全ての浴槽に入ったことを示す記録のようなものなので、そのあたりはご勘弁願いたい。かつて国民宿舎大滝温泉「天城荘」だった当館は爽快な滝見露天風呂群だけでなく、ほかにも広い内風呂が複数あり、本当に湯量の豊かさを感じる。

 

 

 

 

■本館1階にある内湯大浴場は男女入替え制で24時間入浴可能になっている。伊豆石で造った浴槽の伊豆石風呂の浴室や、岩風呂の浴室には露天風呂もある。空いている時に入浴中の看板を出せば自由に入れる貸切家族風呂もある。これだけの温泉にほぼ独占で入ることができたこと自体、湯悦の極みだ。

 

 

 

■祖父からこの天城荘を受け継いだという現在26歳の美人の若女将に、チェックアウトの時にお会いできた。当日午後の飛び込みなので素泊まり客にまでにこやかに応対し、国民宿舎時代の定規を記念品まで頂いた。この宿はさらに多くを語り、応援したくなるところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


赤沢温泉「赤沢温泉館」再訪

 

■2012年に訪れて以来だから、6年ぶりの再訪だ。もう湯質や湯使いを云々する必要のない絶好のロケーションの勝利だろう。前回のイメージに加え、この日は快晴。料金は高めの1,550円(平日)だが、半日・1日ゆっくりできる。

 

前回来訪時のHP温泉記事。↓

http://metatron.la.coocan.jp/zone-25/205spa.htm

 

■ここに来る前の宿の朝バイキング食でたらふく食べたので、お昼の代わりに窓外の景色を眺めながら、私だけビールと好物のイカ(笑)。明るい風景を見ながらのちょい飲みはちょっとした喜びです。そしてその後、畳敷きで景色は光いっぱいの海が眺められる休憩室でごろごろするのも心地よい。

 

       

 

■最近の温泉施設では撮影禁止、スマホ等持ち込みも禁止なので、しかたなくここの公式HPの画像を借用した。この日は頭にのせたタオルがふっとぶほど風が強くて、露天でだらりと半身浴などいると気化熱を奪われて体感温度的に寒かった。しかしそれでも首まで使っていれば、それはもう快感至極。

 

 

■3階と4階の浴場は男女が子によって交代するのだが、4階の方の露天は頭上に何も遮るものがない分、青空の広がりに余計爽快感を覚えるらしいが、個人的にはまだそれは未体験だ。いずれゆっくり半日なりと海を眺めながら湯と畳の上で交互にゴロゴロしたいものだ。

 

★所在地:静岡県伊東市赤沢字浮山163-1  TEL.0557-53-2617
・営業時間/平日10:00〜22:00、 土日・繁忙期 9:00〜22:00
・料金/平日1,550円、土日・繁忙期/1,900円
・伊豆高原駅より無料送迎バスあり。

 

)画像3はTravel.jpより
https://www.travel.co.jp/guide/photo/18051/3/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


伊東温泉「ホテル暖香園」

 

■温泉地の中心部に位置する伊東温泉「ホテル暖香園」は、創業明治22年の100年を超える老舗温泉宿だ。客室数120室ある大きなホテルだが、自家源泉を所有している。画像にある各部屋の窓の形を見てもらうとわかるけれど、どの部屋も広縁が出窓のように2面の窓があって明るい。

 

 

■到着が予定より遅れ、多人数の団体さんもほぼ同時に到着したので、チェックインしたらすぐに取りあえず浴室に走った。ちょっとうれしかったウェルカムドリンクも、一旦温泉に浸かってから頂いた(笑)。あと、いろいろな浴衣のサービスも、基本的には女性だけだけれどあったな。

 

       

 

■ここには大浴槽2つ、露天2つがあり、日をまたいで男女交代となり、全ての浴槽に入ることができる。露天のある場所はちょっと閉鎖空間だが、一人でいる分には心地よい。他人数で入ること自体に、最近ではあまりなれなくなってしまった。お金で得る贅沢とはまたちょっと違った、巡り合わせ運の贅沢病なのかも(笑)。

 

■泉質は無色透明の癖や嫌味が無い優しい感触の単純温泉だが。すこしだけとろみがあるアルカリ性の湯で、いわゆる美人の湯系だ。湯上がりの肌はなめらかな感触になる。スマホのカメラのタイマーが消えてしまったので、急遽手取りの自撮りに変更。アップには堪えないので、切り取って小さく張り付けてみた。

 

 

■夕食時に女将があいさつ巡りに来たのだが、愚妻と妹が女将が美人だと騒ぎ、改めて一緒に写真を撮ってもらった。後でwikiで調べたら御影京子という元女優さんで、引退後はここの女将になったとある。温泉宿にはそういうこともあるんだな。

 

 

■やはり宿の女将としてもだけれど、年期と品格を感じる。そして動きにも気配りにも抜かりがない。個の画像を取った後、自然に自らの仕事に戻っていったのだが、私の前にある空いた容器をさりげなく下げていったのはさすがプロだと思った。

 

■半世紀以上前の、清楚な女優というスタイルのプロマイドが、今でもネットで入手可能になっていた。いろいろな時代劇に出たりした後、引退して温泉宿の女将に転身。どんな人生の変転があったのかなかったのか、人に歴史あり。いろいろ考えさせられる。できるだけ明るくだけれど(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


福岡でBOBに会った

       

ヌースコーポレーションに出向き、BOBと会って話をした。今後の方向性や進め方を確認する。昔話にも花が咲く。ソ連崩壊後のロシア訪問の話がメチャ面白かった。昼飯を御馳走になった。今後の展開がとても楽しみ。
       

『温泉平和主義』新記事アップ

 

 

★『温泉平和主義』で、今回の南東北温泉巡りの旅(#365〜#386)をアップロードしました。なお最初の1ページは京都の鞍馬温泉です。

http://metatron.la.coocan.jp/zone-25/364spa.htm 以降。

 

(364)京都府左京区「鞍馬温泉」
(365)遠刈田温泉「共同浴場 神の湯」
(366)蔵王温泉「大露天風呂」
(367)かみのやま温泉「下大湯」
(368)小野川温泉「うめや旅館」
(369)小野川温泉「やな川屋旅館」
(370)小野川温泉「共同浴場 尼湯」
(371)赤湯温泉「赤湯元湯」
(372)新高湯温泉「吾妻屋旅館」
(373)広河原温泉 間欠泉「湯の華」
(374)姥湯温泉「桝形屋」
(375)滑川温泉「福島屋」
(376)土湯温泉「福うさぎ」
(377)土湯温泉「山根屋旅館」
(378)奥土湯温泉「川上温泉」
(379)新野地温泉「相模屋旅館」
(380)赤湯温泉「好山荘」
(381)幕川温泉「吉倉温泉」
(382)鷲倉温泉「高原旅館」
(383)野地温泉「野地温泉ホテル」
(384)穴原温泉「天王寺穴原湯」
(385)穴原温泉「旬樹庵いづみや」
(386)飯坂温泉「鯖湖の湯」

 

★『温泉平和主義』トップページは

http://metatron.la.coocan.jp/zone-25/zone25top.htm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


蓼科温泉「蓼科パークホテル」

 

■1■シーズン中の蓼科の休前日の温泉宿を、直前に取ろうとするのが間違いだった。目算した宿は全滅だったので、少し安めの値段設定の蓼科パークホテルに滑り込んだ。それにしても5階のおそらく最も良い和室で、1万円を切る値段とはどういうことだと思いながらチェックインした。部屋は最高だった。

 

       

 

■2■取り敢えず温泉に急ぐ。窓の外は霧で、映画『ザ・フォッグ』みたいに濃い。しかし明るい浴槽と、まだ誰も客のいない浴室。露天共々、しっかり独占して堪能した。風呂場の雰囲気はとても良い。しかし温泉分析書の類が見当たらない。休憩所も大きくて広い。そこに温泉の管理使用法が書いてあった。

 

 

■3■西に数キロほど渋川を下った芹ケ沢というところに温泉スタンドがあり、そこからトレーラーで引湯しているのである。そしてそれに加水加温を施してる。しかしだからと言ってこの浴室の雰囲気が壊れるというものではない。晴れた日は南アルプスが綺麗に見えると言うが、この日は濃霧に緑もにじむ。

 

 

■4■この宿はかなり古くから頑張っているようで、お手頃というか安価な値段で食事もバイキング形式にして有るので変な気付いもせずに済むので交換を持てる。これて文句を言う人もいるようだが、この宿に関してはおおむね満足している。晴れていたら見える南アルプスの山々が窓から見れないのが残念。

 

所在地: 〒391-0301 長野県茅野市北山蓼科5522
http://tateshina-parkhotel.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


蓼科温泉「石遊の湯」

 

■1■高速を諏訪インターで降りて、茅野駅から国道 299号線、別名「メルヘン街道」を横谷峡方面に進む。単品の名称だとおやっと思う名だが、ほぼ並行して1本南の奥蓼科温泉郷に続く県道 191号は「湯みち街道」と言い、1本北の蓼科高原や白樺湖方面へと続く 192号は「ヴィーナスライン」という名だ。

 

■2■今日の宿にチェックインする前に、行きがけの駄賃的に蓼科温泉「石遊の湯」に入った。「石遊」と描いて「いしやす」と読む。いやいや、初見じゃ読めないから。ここの源泉の名前がちょっとすごい。鋼管工業蓼科温泉。太平洋戦争時に軍需用の鉄鉱石を掘っていた諏訪鉄山跡地から湧出した温泉とか。

 

 

■3■未知のどん詰まりにある駐車場に車を止めて、券売機でチケットを買って受付に。 520円。早速男湯に向かう。内湯のない露天タイプの浴槽に屋根が付いていて、ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉を未加水・未加温状態で掛け流し(温度調整の為一部循環)している。源泉の使い形が何か潔い。

 

■4■源泉が投入されていて、浴槽の下からはかなりの量がそのまま掛け流れて行く。その浴槽の向かって左に小さな小屋のようなものが2つあり、中を覗いてみるとそこが洗い場だった。面白い造りもあるものだ。もう1つ屋根のない露天があり、湯は薄濁りで温度はこちらの方が少しだけ低く長湯できそう。

 

 

■5■泉温は 66.8℃でpHは7.33。湧出量は毎分160リットルとのこと。成分総計は3994mgとかなり濃い。ゆっくり浸かり続けて入れる良泉であることは確かだ。ずっといたかったがチェックインの時間なので、名残惜しみつつ湯に別れを告げた。ちょうど湯に入っていた時間だけ、雨が止んでいたことに気付く。

 

★所在地: 〒391-0301 長野県茅野市北山5490−1 
http://www001.upp.so-net.ne.jp/ishiyasu/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


飯田城温泉「天空の城三宜亭本館」再訪

 

■南信州のさらに南側にある飯田市。その市役所の近くにある飯田城温泉「天空の城三宜亭本館」を再訪した。愚妻が飯田高校で仕事をしている間のひと風呂である。7年前にも同じ時期に同じ状況で訪れているので再訪である。その時は熱かったし渋滞にも悩まされたが、今日は雨気味でかなり涼しめだった。

 

 

 

■前回もそう悪い印象はなかったのだが、その名前の「天空の城」が、さすがにイメージ通りでなかったので、個人的な評価では名前から逆にポイントを落としていたが、今回は以前にもましてお客もまばらだったので、ほぼ独占状態で寛げた。おまけに飲泉可能の湯もじっくり味わえたし、評価が上がった。

 

 

 

■大体この伊那谷というか飯田線界隈ずーっと諏訪に続く辺りまで、湯温がそう高くなく、冷鉱泉も少なくないのだが、ここ飯田城温泉の源泉温度は39度Cだから、加温もそうしていないと思われる。ただし今回は前回と違ってこの景色下方の街中から、てくてくと歩いて登ったのもあり、特に気持ちが宜しい。

 

)泉質やデータ、初見の感想その他は、以下の「温泉平和主義」のページに書いたので、再掲はしない。興味のある方は、ごらんあれ。

http://metatron.la.coocan.jp/zone-25/182spa.htm

----------------------------------------------------------

所在地:〒395-0034 長野県飯田市追手町2丁目641−10
http://www.sangitei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


鹿塩温泉「山塩館」

 

■1■鹿塩温泉と書いてカシオ温泉と読む。何かカシオペアやらカシオ計算機を連想して、何ちょっと音の響きがかっこ良さげだ。南アルプス塩見岳の麓の大鹿村の塩川沿いに湧出する、天然塩水を利用した温泉である。現在は「塩湯荘」と「湯元山塩館」の2つの温泉旅館がある。何か塩塩と、くどくも思える。

 

■2■泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物冷鉱泉だが、口に含めばすぐわかるがとにかくお湯が塩ッ辛いのだ。安直に太古の時代に閉じ込められた、いわゆる化石海水じゃないのかと思うが、塩分濃度は4%だが含まれるミネラル分が異なるので、断層(中央構造線)に閉じこめられた海水ではないとされている。

 

 

■3■温泉の由来にはあのミシャグジとも大いに関係の在りそうな建御名方命(たけみなかたのみこと)の名も出てくる。建御名方命がこの地で狩りをした時、鹿が好んで飲む水から塩の存在を発見したのだとか。また良くある話だが、弘法大師が杖を突いたところから湧きだした温泉であるという話すらある。

 

■4■本日泊る宿は「湯元山塩館」だ。この強酸塩の源泉から作るという手法では国内唯一の塩がこの宿のフロントに商品として並んでおり、食事にも供与されている、なおこの温泉も千年温泉であるだけでなく、この宿は日本秘湯を守る会の会員でもある。現宿は明治時代に製塩と温泉利用開始と共に始まった。

 

 

■5■さてその温泉だが、日替わりで男女浴槽が交代するので、1泊すれば両方に入浴できる。今夜の男湯は寝湯付きであり、女湯が源泉浴槽がある浴室だった。浴室に入って先ず、細い管から流れ出されている冷たい源泉を口に含んでみて、すぐに吐き出した。本当に塩辛いのだ。浴槽の湯はろ過加熱済みだ。

 

■6■窓ガラスが大きく取られていて、丸て露天風呂のような解放感がある。その外は隅から隅まで緑の木々だ。温度も管理されていて、熱からず心地よいのだが、長湯が過ぎると塩湯だから体から熱が抜けにくくなってしまうだろうと思い、つい半身浴気味になる。短めに何度も入ると効果が実に大きそうだ。

 

 

所在地: 〒399-3501 長野県下伊那郡大鹿村鹿塩631
http://www.yamashio.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見ている世界と1つである感覚

 

■1■今回も湯巡りをしていて、霊泉寺温泉や田沢温泉などの鄙びた湯町の真昼を、初夏の日差しの中で少し汗ばむ感じで、頭の中に陽炎が立つような感じで歩いていると、意識が変わらずあり続ける道筋や街並みと溶け込みそうになることがある。決して失神するのではなく、自我が透けて行くような感じだ。

 

■2■言葉にならないものを言葉で表現しようとているので微妙だが、通常の時間意識を失念することなく、それでも時間を超えたその場所の白日夢に少し重なっているような感覚も楽しい。通常の距離感や時間感覚とは異なる、すこしだけ異なる人間の意識領域との繋がり方が、自分と空間との区別をなくす。

 

■3■幻覚と言ってしまえばそれまでだが、過去の…おそらく自分自身の子供の頃の似たような空間体験の、忘れかけている記憶を支点的な増幅共振体として、自分以外の先人の心や情緒の残り香のようなものを、ほんの少しだけ共有しているような、そんな不思議な感覚。自分が自分だけではない、遠い記憶。

 

■4■これは敢えて言葉で表現すれば、時代や物理を超えた「人間の型」の繋がり、もしくは空間記憶の共有のようなイメージだ。これを安直に前世の記憶とかその場の持つ空間記憶だとか、今の自分とは別の何かとして表現するのは容易い。しかしこの感覚は自分の身体と意識も、その要素の一部なのである。

 

 

■5■人間が関与した遺跡や名所の遥か遠い時間と空間と考えられているものの近直なる想起と、そして明確な記憶自覚のない、何かしみじみと懐かしい喜びのようなものがある。栃尾又温泉で、ほぼ体温に近い湯に浸かりながら見た、窓外の雪に埋もれた林とそこにはらはらと降る粉雪を見た時もそうだった。

 

■6■そのような意味でも、ちょっとトンデモ的に聞こえもしようが、長い時の間も絶えざる湧出によって人を癒し安らげ続ける千年温泉、もしくはそれに相当するような歴史を持つ温泉地を訪れそこに浸かることは、一意で個人を超えた人間としての意識の想起・拡張にもつながる可能性があると考えている。

 

■7■先人の智慧を意識共振によって得てそれを自らの利益に活用するとか、霊力や神通力をゲットして社会を変えていくとか、そんな幻想共有としての現実に陸続きの話ではない。今の世界の捉え方やその在りようを否定したり貶めたりすることなく、情緒と思考を分離することなく自らの世界を拡張しゆく。

 

■8■言葉の由来や人間の思考そのものについて言及することなく文字列を連ねることは、とどのつまりは自己満足に堕しやすいところで踏ん張って、それでも他者に何かを伝えようとする時のもどかしさや心許なさが消し去れないけれど、それでも私が温泉を巡る1つの理由として提示しておく必要がある。


その土地土地を訪れて、何を落とし何を拾ってくるのかがちょっと重要。

 

見ている者と見えているものとが別物でないという実感と少しの至福と。

 

未知を慈しみ敬いつつも、畏れ縮こまることなくその方向に歩ゆむ力積。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM